ドライバーの飛ばしの研究(ネットサーフィン)していたら
『レイトヒッティング』
という謎の言葉にたどり着いた。


なんじゃそりゃ?? ( ・ω・ ) 


早速、調べてみた。


カクカクシカジカ・・・


なるほど、良くわからんが要するに『タメ角』に関係してる用語らしいな。(文章が長過ぎて飛ばし飛ばし読んだ。笑)

直訳すると『遅く打つ事』だ。



少し前に男子ゴルフの中継で解説者が

「飛ばしには、このタメ角が絶対条件ですね〜」

みたいな事をスロー映像を見ながら言ってたので『タメ角』が飛距離アップのカギだとは知ってるのだ!!
フフフフ・・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ


じゃあどうやったらその『タメ』をつくれるんじゃ??


ネットで調べに調べ
ついにある答えにたどり着いた・・・。


独学初心者の俺はやはり初心者だった


ついついスイングにばかり注目して練習してきたが、その答えは超ど基本のグリップにあった。


そして俺はついに第4の目を開眼させた!!
ちなみにまだ開眼していない目は10個以上あります。



知ってる人には当たり前かもしれないが、俺のような独学の初心者でまだ知らない人の為に・・・。

王子流10Y飛距離アップ術。第4の目の開眼!!

原理はこうだ!! m9っ`Д´)ヘキサゴン


ダウンスイング時、腕の位置が同じ時でもタメがあるのと無いのとではヘッドの位置が全然違います。
コレが何を意味するのか?

タメ

賢明な方はお気づきでしょうが、インパクトまでのヘッドとボールの距離がちがいます。
そう!!ボールをぶっ飛ばしてくれるヘッドちゃんが加速する為

『助走距離』が全然ちがうのです!!


インパクト寸前にタメ角を手元を支点に開放していくのですが当然、助走距離が長ければ長いほどヘッドちゃんは頑張って走ってくれます。
ヘッドスピードが上がるんですね。



じゃあどうすれば今までより、少しでもタメを作れるか?

超簡単です!!
実は俺・・・グリップが間違ってたのだ。

グリップ2
これ・・・超ダメダメです!!

トップからダウンにかけてシャフトを親指で支えてしまうので、それ以上のタメ角がつくれません!!


おまけに支えちゃってる分、飛距離に大事な『ゆるゆるグリップ』が出来てませんでした。
今まで勘違いして握るプレッシャーばかり気にしてましたが大間違いでした。


で正解はコチラ。
グリップ
コレに変えたら手元のユルユル感がハンパない!!

も〜トップからダウンにかけておもりが付いたゴムホースを振ってる感じすらします。
そして明らかにタメ角が鋭角になり、ヘッドが走る走る!!
思いっきり実感できます!!

振ったら勝手にヘッドが走ってくれてる感じ。

今まで平均2〜3バウンドで当たってたネットに1バウンドで当たる様になりました。

1つだけ意識してる事はアーリーコックです。
ボディーターンで始動してから早めにコックを完成させるってことです。

良いか悪いか分かりませんが、この方がなぜか良く飛びます。


今まではグリップを親指でおもいっきりロックしていたんですね。おかげで余計な力が伝わりすぎてミスしてたんだと思います。


そして、このグリップ&安楽プロの指南通りに打ったら簡単に飛距離伸びちゃいました!!


ちなみによっしぃーさんに言ったら

「え〜俺そうやって握ってるよ〜」

だって

知らない俺が無知すぎた!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



横峯&理香子打法ってのも開発したしアイアン絶好調だし年末年始は連続100切りで革命を起こしますぜ!!!


 



*゚✲ฺ 読んで頂いてありがとうございました。✲゚ฺ*


スポンサード リンク


スポンサード リンク