{今回はスナスナの実・・・じゃなくてサラサラのバンカーについての記事だ!


前から何となく気づいていたのですが前回のラウンドではっきりとわかりました。

俺はサラサラのガードバンカーが苦手だ

DSC_0703


湿った砂や固い砂ならほぼ100%の確立で一発脱出できるのですがサラサラ君には必ず2〜3発カウンターパンチをくらってしまうのだ・・・

余談ですがABCゴルフ倶楽部の名物18番ホール。石川遼君と同じ位置からのウォーターショットも一発脱出でした

20130627_222355

という事でどうしたもんかと考えていたのですがたまたまアベレージ80台の熟練ゴルファーFさんと話す機会があったので聞いてみた。



Fさんは快く、しかも的確に俺の質問に答えてくれた。


まず湿ったの場合は砂の中にヘッドが刺さりにくいから簡単らしい
逆にサラサラの場合はヘッドが砂の中に潜り過ぎてるんじゃないかと言う事です。

ヘッドが砂に潜りすぎると、うまく砂を飛ばせないでミスしてしまうらしい。



<サラサラバンカーの基本>

まずは基本通りしっかりフェースを開いてバンスを使って打つ

少しボールの位置を左寄りにする。自然とバンス部分から接地しやすくなる。

スイングのゆるみは禁物!大きくゆったり振る事が大事!

手打ちにならないようにしっかりとボディーターンする。



しっかりフェイスを開いてるので距離もでず上に上がるから飛ばないと信じて思ってる力加減よりも強めに振るのが大事らしい。


信じて強く振る!


これだ!!俺にはこれが欠けていた!!湿った砂の時と同じ力加減で打っていた。
結果、ボールは全く飛ばずコロコロと元の位置に戻ってくる事が多かった!


またまたナイスな情報を無料でゲットしたぜよ。
次回ラウンドで早速ためしてみます!!

 {スナスナはバンスを使って思いっきり打てだ!